専業主婦がお金を借りるには?

働いていない専業主婦がお金を借りる事はは非常に困難な状態にあります。 その理由としては2006年に改正された、貸金業法による総量規制の導入によるもので収入がない=借金が出来ないという法による縛りがある為です。 それ以前は専業主婦であっても消費者金融などからお金を借りる事は可能でしたが、現在では審査が通る事はありません。 たとえ配偶者に多くの収入があっても融資対象となる本人に収入がなければ、お金は貸せないというのが原則です。

では専業主婦は全くお金を借りる事が出来ないのかというとそうでもなく、お金を 借りる方法は存在します。 それは銀行が扱うカードローンで、専業主婦であっても融資を受ける事が可能です。 もちろんすべての銀行においてという訳ではなく、貸付条件に専業周布でもお申し込みが 可能という商品であれば融資が受けられる可能性は出てきます。

総量規制施工後に主婦がお金を借りる場所はなくなりましたが、銀行系であれば 総量規制対象外為、条件をクリアすれば借りる事が出来るのです。 それを可能にしたのは銀行自体の努力もあります。 特に専業主婦をメインターゲットとして扱う商品においては、専業主婦という借入枠を 設置する事により審査の基準を下げがたので専業主婦でも借り入れが可能となった訳です。 取り扱ってる銀行は主にネット系の銀行が多い様なので、利用したいと思えばインターネットで 検索すると情報は出てきます。

ただし当然返済能力がなければ銀行でも貸付を行うのは厳しいと思われ、配偶者である夫の 収入証明などが必要になると思われます。 借りる際には内緒で借りるよりも配偶者に相談して申し込みを行った方が良いでしょう。

このページの先頭へ