消費者金融からお金を借りるには?

お金を貸す専門である貸金業の消費者金融でお金を借りる場合は、良く検討して 借りなければいけません。

消費者金融はその名の通り消費者の為の金融、昔で言うサラ金です。 銀行などに比べ審査は甘く融資を行ってくれる可能性は高いですが、デメリット として利息が高いという点が挙げられます。 ほとんどの場合利息は18%となっており、貸金業法で定められた上限金利の20% に近い金利となっています。

消費者金融は総量規制の対象なので自分の年収の3分の1までしか借り入れる事は 出来ませんが、過去に金融事故などがあった場合を除き審査はスピーディーで融資も 早い対応が期待出来ます。

その為お金に困ると消費者金融に申し込む人が多数いますが、消費者金融で融資を 受けた場合中々返済出来てしまわないケースが実は多いのです。 その理由として限度額内であれば何度でもまた借りられるという点が、消費者金融の 良い点でもありますが逆にそれがいつまでも返済が終わらない理由となっています。

消費者金融でお金を借りる場合には、自ら計画を立てて借りた後は返済のみだけを 行う様にしないと、多重債務に陥るケースもあるので注意した方が良いでしょう。 お金を選ぶ選択肢に消費者金融を選んだ場合は、一般的に大手と呼ばれる消費者金融会社が 良いと思われます。

その理由として大手のサービスは充実しており、プライバシーの保護や提携ATMの多さなど 中小の消費者金融に比べサービスが充実している事がメリットとなります。

このページの先頭へ